夏の疲れ

Pocket

みなさんこんにちは、スタッフの本荘です。

今年の夏の猛暑は本当にきつかったですが、やっと過ごしやすくなってきましたね。

しかし、なんだか体がだるいなぁと感じる今日この頃の本荘です。

 

この時期が油断大敵なんです

体がだるい、疲れがとれないなど「夏の疲れ」による不調を感じている方も多いのではないでしょうか。

私自身、寝てもスッキリしなかったり、クーラーで体を冷やし過ぎてノドが痛くなったり、コントロールが難しい時期だなぁと痛感しています。

今回は夏の疲れの原因と対策について調べ、考えてみました。

 

夏の疲れの原因は・・・

 

1、自律神経の乱れと睡眠不足

高温多湿な環境で過ごす夏は、体へ大きな負担がかかり、体温調整をコントロールする自律神経に乱れが生じます。自律神経の乱れは睡眠に悪影響、睡眠不足の状態が続くと免疫力が低下し体調を崩しやすくなり、涼しくなりかけた今の時期に不調を感じることがあります。

(前回の私のブログは睡眠について書いていますので、よかったら読んでみてください。)

疲れを感じた時は無理をせず、快眠できる環境でしっかり睡眠をとることが大切です。

寒暖差に注意です。クーラーが効きすぎて寒い場所もあるので、上に羽織れるものを持っておくとか、対策をしておくといいですね。

 

2、冷たいものの食べすぎ、飲みすぎ

冷たいものばかり食べたり飲んだりしていると胃腸に負担がかかり、消化不良から食欲がなくなったり、体調を崩すことがあります。

冷たいもので暑さから解放されるのはOKですが、摂りすぎに注意が必要ですね。

冷たいものはばかり摂っていると気付いたら温かい食事や飲み物を摂取するように心がけましょう。

 

私たちの体が持っている調整機能とのバランスが大切なのかなぁと思います。

今回お話したのはあくまで一部の例で夏の疲れの原因は複合的であったり、人それぞれ違うと思います。

自分の体や心の状態を把握しておくと、何が影響しているのかなど分かってくるかもしれませんね。

 

では、今回はこのあたりで♪

 

 

 

osk-fitness

osk-fitness

昭和47年創業以来、私たちは健康のプロフェッショナル集団を目指し日々取り組んでいます。 私たちはお客様一人ひとりの健康づくりを通して、健幸な人があふれる街づくりに貢献します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


nineteen − twelve =